鼻づまりはペットボトルで解消出来る!?

耳鼻咽喉科の医師がペットボトルを使って鼻づまりを簡単に解消する方法を考案したそうです。

ペットボトルである部分を刺激するだけ!というびっくりするほど簡単な方法です。

ペットボトルを使って鼻づまりを解消する方法をご紹介いたします。

 

鼻づまりの原因

 

鼻づまりは、風邪や花粉症、アレルギーなどが原因で、炎症を起こします。

炎症を起こすとそこに血液が集まり腫れてしまいます。

炎症による腫れが、鼻の周囲を圧迫してしまうため、体内に入った菌を外に排出しようとする鼻水もそこで詰まってしまいます。

 

これが鼻づまりの一つの原因です。

もう一つの原因は、鼻の骨や形に何らかの支障があり、詰まりやすくなったり、慢性の鼻の病気によるものが原因となっている場合です。

 

この場合は、病院で適切な治療が必要です。

 

ペットボトルで簡単解消法!

とっても簡単です。

まず500mlのペットボトルを用意します。

 

それ以上の大きさは脇に挟みづらいうえ、中身を入れると重いので不向きです。

中身が入っているモノでもいいですし、空であれば、中に水など入れましょう。

中身が飛び出さないよう、キャップがしっかり締まっているか確認してくださいね。

スポンサーリンク

そのペットボトルを脇にギュッと挟みます。

すると、不思議なことに、ペットボトルを挟んだ方と反対側の鼻が通るのです!

 

右の脇にペットボトルを挟むと、左側の鼻が通りますし、左の脇に挟むと、右の鼻が通ります。

両方つまっている場合は、交互に行ってみてください。

 

この方法なら、ペットボトルがあればどこでもできますから、出先やオフィスなどでも気軽に出来そうですね!

pt

 

なぜペットボトルで解消するの?

ペットボトルを挟むだけで、なぜ鼻づまりが解消するのでしょう?

人の体は、圧迫を受けた側の交感神経の働きが抑えられ、圧迫を受けなていない側の交感神経の働きは高まるという反応をします。

 

さらに、脇の下には鼻の毛細血管を収縮させる交感神経が沢山走っているため、圧迫された方と反対側の交感神経の働きが活発になり、炎症によりうっ血した血管を収縮させるため、鼻が通るようになるわけです。

 

圧迫が緩むと、また徐々にうっ血してくるので、長時間の効果は得られませんが、簡単にすぐ鼻が通るようになるので、苦しくなったら何度も行うとよいですね。

waki

ペットボトルがない時は、横向きに寝ても同じ効果が得られるそうです。

詰まっている鼻と反対側を下向きにして寝るだけです。

 

私の経験上、脇の下に反対の手を挟んで横向きになって寝ると、ただの横向きより早く鼻が通ります。

鼻づまりで寝苦しい時にやってみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

そのまま長時間寝ていると、痺れたり、寝違いを起こしたりするので、鼻が通ったら姿勢を変えましょう。

眠ってしまうと、自然と口呼吸になってしまうことがあるので、寝る時はしっかりと加湿しておくように心がけましょう。

 

まとめ

ペットボトルを使った鼻づまり解消法は、脇の下にある交換神経を刺激することで起こる反応を利用したものであることがわかりました。

 

500mlペットボトルを使うのは、脇にフィットしやすいからなのかもしれません。

脇の交感神経を刺激すればペットボトルでなくても同じような効果が得られるのではないか?と思います。

 

特に花粉症やアレルギーなどの鼻づまりは、時と場所を選ばす、長期にわたっていやな鼻づまりを引き起こしますから、常にペットボトルを持ち歩く習慣を付けたり、新聞や雑誌、バッグや自分の手などを使うことで、通勤中や仕事中、いつでもどこでも鼻づまり解消することができるかもしれませんね!

 

花粉症は長引きますから、解消法を活用して、いやな鼻づまりとうまく付き合いながら辛い時期を乗り越えて欲しいと思います。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ