赤ちゃんが鼻づまりに!?しっかり解消してあげるには?

赤ちゃんの体は繊細で、すべてが小さくて、自分では何もできなくて、言葉も通じない…

そんな赤ちゃんが鼻づまりを起こしたら、どうしてあげたらいいのか困ってしまいます。

 

薬も使えないですし、食べ物、飲み物も限られるし…

見ていると、とっても苦しそうだし、なかなか寝付いてくれなくて、泣いてばかり…

看病しているママも疲れてしまいます。

 

そこで、ママも安心!赤ちゃんに有効な鼻づまり解消法を紹介します。

akacyan1

 

母乳で解消!?母乳点鼻法

この方法は、母乳を与えている時期のお子さんにはとても有効な方法です。

母乳には多くの免疫物質が含まれている他、抗炎症作用もあるといわれています。

母乳は鼻の中に入っても痛くないので、赤ちゃんの負担も少ないと思います。

 

搾りたての母乳をスポイドのようなもので2、3的鼻の中にたらし、なじませるように鼻を何度か摘まむようにマッサージします。

その後、綿棒などで鼻水を除去してあげてください。

スポイドがなければ、赤ちゃん用の綿棒などにたっぷりと含ませ鼻の中に入れてあげましょう。

不思議と鼻が通るようになります。

スポンサーリンク

母乳点鼻を行う時は、必ず搾りたての母乳を使ってください!

冷凍保存したものや、粉ミルクは絶対にダメです!

 

鼻水を吸いだしてあげる

もっとも古典的で、良く使われている方法です。

赤ちゃんの鼻に詰まっている鼻水を、ママが口で直接で吸い出してあげるのです。

 

この時、必ず一方の鼻の穴は押さえて、片方づつ吸い出してあげてください。

両方いっぺんに行うと、赤ちゃんの耳に圧力がかかりすぎてしまいます。

ちょっと勇気がいりますが、道具も何も使わず手軽に出来ます。

 

直接吸い出すのは、ちょっと怖い…という方は

赤ちゃん用の鼻水吸引機を使うといいですね。

電動式と吸引式、2タイプあるようです。

小児科でも使われているので、各吸引機の取り扱い説明をしっかり読んで適切に使いましょう。

赤ちゃん~幼児期は、風邪を引きやすく、鼻が詰まりやすいので、一台あると便利かもしれません。

 

 

くしゃみをさせる

ティッシュ細いこよりにしたものを赤ちゃんの鼻の穴にゆっくりといれて、コチョコチョすると、くしゃみをします。そのくしゃみの力で、詰まっていた鼻水が出てくることもあります。

 

鼻の中をのぞいてみて、乾燥しているようであれば、濡らした綿棒などで鼻くそをふやかしてから行うと良いようです。

 

上体を起こして寝かせる

赤ちゃんは、仰向けに寝ていることが多いですよね?

鼻がつまっているときのあおむけ寝は、鼻水が咽の方に落ちてしまい、苦しいものです。

スポンサーリンク

タオルや、クッション、枕などを使って、お尻のあたりから、全体的に傾斜を付けて頭を高くして寝かせてあげましょう。

コンビラックなどで高さを調整するのもいいと思います。

バスタオルなどをくるくる巻いて、赤ちゃんの背中のあたりに噛ませて、横向きになるように寝かせてあげても効果的です。

 

しっかり加湿する

お部屋が乾燥すると、鼻づまりも起こりやすく、詰まった鼻くそも固くなってしまい、取り除きずらくなります。

しっかり加湿しておくことで、一緒にいる大人も風邪を引きづらくなります。

 

加湿器を使いたくない場合は、洗濯物を部屋に干したり、濡れたタオルを赤ちゃんの寝ているベッドにかけたり、お湯を張ったボールなどを使うなどして、加湿に心がけましょう。

kasitu

 

まとめ

赤ちゃんは、鼻が詰まりやすく、自分で鼻づまりを解消することができません。

不快感を泣いて訴えるだけです。

 

赤ちゃんの様子をしっかり観察し、鼻づまりはこまめに解消してあげたいものですね。

今回紹介した赤ちゃんに効果的な鼻づまり解消法を活用して、赤ちゃんも、ママも日々快適に過ごしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ