鼻づまりを解消!寝るとき出来る解消法やツボなどを紹介!

誰もが一度は必ず経験したことがある鼻づまり…

 

鼻がつまると本当に辛いですよね?

集中力が低下しますし、息苦しく常に不快な状態ですから、日常生活全般にストレスがかかってしまいます。

 

中でも一番つらいのは、寝る時ではないでしょうか?

鼻づまりで寝るのが辛い時…

 

簡単に鼻詰まりが解消で来たら嬉しいですよね!

寝る時に簡単に出来る鼻づまり解消法をいくつか紹介していきます!

 

なぜ詰まる!?鼻の構造と詰まる原因

 

専門的な難しいところはさておきまして簡単に鼻の構造を説明すると鼻から息を吸い込む鼻腔という部分と鼻や目の周辺にある小さな穴の副鼻腔という部分で成り立っています。

 

鼻腔と副鼻腔の小さな穴が連結することで鼻での呼吸がスムーズに行われます。

 

この副鼻腔で細菌が繁殖し炎症が起こると、副鼻腔に膿がたまり鼻腔と連結されている穴が塞がれてしまい、結果鼻づまりとなるわけです。

スポンサーリンク

このほか、鼻の骨の構造のゆがみにより鼻づまりが引き起こされるケースもあります。

この場合は、病院で適切な処置が必要になります。

 

鼻づまりで眠れない!の簡単解消法!

 

1・子供にも安心・ダブル効果で期待大!タマネギ!

 

簡単かつ効果的なのは、タマネギの匂いをかぐ!です。

tamanegi

タマネギに含まれる硫化アリルには抗炎症作用があるといわれています。

その効果により鼻づまりが軽減されるというもの。

 

しかも硫化アリルには鎮静効果もあり、安眠効果も期待できます。

 

方法は、タマネギを薄くスライスして枕元に置いて寝るだけ!

自然と鼻が通ってきます。

枕を少し高くして寝るとさらに効果ありです!

 

匂いは否めませんが、薬を使わず鼻づまりを解消して、なおかつ安眠できるのであればやってみる価値ありです!

特に赤ちゃんや、小さいお子様には効果的だと思います。

 

2・即通ります!酸欠必勝法!

 

人間の体の機能はすべて脳からの指令で行われています。

鼻づまりを、脳の指令で解消してもらいましょう!という技です。

方法は簡単!

 

まず息を吐き切ります。

もう吐く息がないくらい吐き切ってください。

 

吐き切ったら、息を止めたまま鼻をつまみ、頭をゆっくり上下に動かします。

ゆっくり大きく動かすのがポイントです。

 

もう我慢できない!と感じたら鼻から息を吸ってみてください…

 

あら不思議!

鼻が通るではありませんか!!

 

これは即効性がありますし、どこでも簡単に出来るのでお勧めです。

 

わざと体内を酸欠状態にすることで、脳がもっと酸素遅れ!!という指示を出すのです。

スポンサーリンク

すると、鼻腔が通常より広がり沢山の酸素を取り込もうとするのです。

結果、鼻が通るという仕組みなのです。

脳の指令恐るべしです!

 

3・手軽に出来ます!ミント活用法

 

これは、私が実際行っている方法ですがミントがキツイ系ガムやタブレットを食べて、口の中にミントを充満させ思い切り鼻から息を吸う!という方法。

鼻の奥から通ってきます!

ミントの香りが充満している間鼻は通りますよ。

 

4・ツボで解消!鼻づまりに効くツボ!

 

鼻づまりに聞くツボというのもあります。

 

一番わかりやすいのは、”せいめい” というツボです。

目と目の間の骨を挟んで押し上げるように押さえます。

目が疲れたときにも思わず摘まんでしまう部分です。

me

 

 

もう一つは、耳のフチ?です。

mimi

 

耳に人差し指を入れて親指で挟みこみ揉むように刺激すると良いようです。

 

まとめ

 

鼻づまりの主な原因は、副鼻腔の炎症によるものです。

 

炎症を抑えたり、鼻腔を広げたり、ツボを刺激することで鼻づまりがある程度解消されることがわかりました。

 

鼻がつまっているときの寝苦しさはとても辛いのもです。

 

寝る前に、気軽に!簡単に!

鼻づまりを解消する方法をお伝えしてきましたが私のおすすめは、併用することです。

 

どの方法も手軽なので、是非実践してみてください。

鼻がつまっても安眠できるようになって頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ