慢性的な鼻づまりを解消するには!?

風邪を引いているわけでもなく…

アレルギーなわけでもないのに…

なんだかいつも鼻がつまっているな…

鼻の調子が良くないな…

薬も飲んでいるのに、なかなかよくならない…

そんな症状には、病気が潜んでいるかもしれませんよ?

 

慢性的な鼻づまりで悩んでいる方のために、慢性的な鼻づまりを解消する方法を調べてみました。

komaru

 

慢性的な鼻づまりを起こす原因

1・副鼻腔炎

風邪や花粉症などの症状が副鼻腔炎を引き起こす原因となる事が多いのですが、通常は風邪が治ったり、花粉の時期がおさまれば、自然と炎症も治まっていきます。

しかし、症状が重いと、副鼻腔にウイルスが繁殖し症状が悪化してしまい、風邪が治っても副鼻腔の炎症が治まらず、慢性化してしまう事があるのです。

花粉症の症状が重いときにも同じようなことが起こります。

 

この症状が続くと、鼻たけと呼ばれるポリープのようなものが出来てしまい、徐々に鼻をふさいでしまいます。

それにより、鼻で呼吸できなくなることもあるのです。

スポンサーリンク

副鼻腔炎が慢性化してくると蓄膿症につながります。

 

常に鼻がつまっている・鼻水が喉に落ちてくる・鼻水が臭い・どろっとしている…という症状が長引く場合は蓄膿症の可能性が大きいです。

ひどい場合は、鼻で息ができなくなったり、髄膜炎や視力低下、激しい頭痛を引き起こすこともあるようです。

 

2・鼻の形状

鼻の中で左右を分ける鼻中隔 (びちゅうかく) という骨があります。

この骨が歪んでいることで、慢性的な鼻づまりを起こしている場合があります。

これは、鼻中隔湾曲症 (びちゅうかくわんきょくしょう)といわれています。

 

成長過程で起こる湾曲なので防ぐことができませんが、鼻中隔湾曲症の場合は、手術で改善することが可能です。

 

3・歯垢が原因!?

えっ!鼻づまりの原因が歯垢ですか!?と思わず驚いてしまいますね…

鼻と口はつながってるので、病気にも密接な関係があります。

鼻からのウイルスや細菌だけが鼻づまりの原因ではない!ということののです。

 

歯垢と聞くとちょっと?がつく方もいるかもしれませんが、簡単に言うと ”歯くそ” です。

この歯垢が原因で口内に雑菌が繁殖します。

雑菌は口内だけでなく、そこにつながる鼻や耳、咽を自由に行き来できます。

その雑菌が副鼻腔などに繁殖し、副鼻腔炎を引き起こし、悪化させてしまうこともあるのです。

 

慢性的な鼻づまりを解消するには?

完結に言えば、清潔を心がける!ということです。

 

副鼻腔炎の場合は、炎症を起こす原因となる、ウイルスや雑菌を除去する必要があります。

点鼻薬を使ったり、鼻洗浄するのがおすすめです。

 

また、意外なことに、歯垢が慢性鼻づまりの原因となる事があるので、歯磨きをしっかりと行い、口内を清潔に保ちましょう。

口の中が常にネバネバしていることが多い…という方は特に気を付けましょう。

歯垢は鼻づまりだけでなく、歯周病の原因にもなりますからね。

 

鼻づまりは、慢性化する前に治す!というのが第一です。

スポンサーリンク

もうすでに長きにわたて鼻が詰まっている・常に鼻がどろっとしている・鼻水のにおいが臭い…という症状のある方は、すでに慢性化してしまっている事が考えられます。

軽視せずに、病院で適切な治療を受けましょう。

 

まとめ

慢性的な鼻づまりを引き起こすのは、風邪や花粉症などが原因で副鼻腔炎が起こり、それが長引くことで慢性化したり、成長過程で起こる鼻中隔湾曲症が原因だったり、なんと、歯垢が原因となる事もあるということがわかりました。

 

鼻の中、口の中を清潔に保つことを心がけ、ウイルスや雑菌を増やさない環境を作ることがとても大事なようです。

 

鼻や骨の湾曲によるものは、点鼻薬をいくら差しても治りませんし、長期間の薬の投与で二次的な症状が出ることもあります。

また、すでに慢性化してしまった症状は、見過ごしているとおおきな病気に発展しかねません。

 

民間の解消法が効かない場合は、速やかに医師に相談し、悪化する前に適切な治療を受けることが望ましいといえます。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ