鼻づまり解消には鼻うがいがオススメ!

鼻づまりに効果があると言われる方法に、鼻うがいがあります。

鼻をかんでもすっきりしない時や、花粉症などで鼻腔内が炎症を起こしている時に効果的な解消法です。

しかし、正しいやり方で行わないと、逆に鼻を痛めてしまいます。

正しい鼻うがいの仕方を紹介しますので、ぜひ挑戦して下さいね!

 

鼻うがいの効果とは?

スポンサーリンク

鼻うがいは医療行為でも行われております。

「鼻洗浄」と言い、鼻腔内の花粉やごみを鼻腔洗浄薬や生理食塩水で洗い流す処置です。

医療行為の一つでもありますが、生理食塩水を用意できれば、自宅でも行うことができるのです!

鼻の中にあるアレルギー物質や粘り気の強い鼻水を一気に洗い流せるので、様々な鼻づまりに効果があります。

鼻に水を入れる、と思うと少し怖いですが、正しい方法で行えば鼻を痛めることなく鼻づまりを解消できますよ!

 

正しい鼻うがいのやり方

では、さっそく正しい鼻うがいのやり方をご紹介します。

 

1,ぬるま湯で塩水を作る

dfbbb4630e3539f668d33f0c1e17d7c5_s

鼻に水が入ると「ツーン」とします。

元々鼻は何かを入れる器官ではないので異物が入れば痛みを感じます。

そこで、体内にある粘膜や血液と同じ濃度の塩水『生理食塩水』を作ります。

0.9%分の塩水を含んだ水です。

250ccの水に対して、2g程の食塩を入れます。

鼻に入れる時は、人肌程の温度があるとより抵抗なく鼻に入れることができますよ。

生理食塩水は雑菌達にとって居心地の良い水でもありますので、作り置きせずにその都度作るようにしましょう。

 

2,鼻に水を入れる

1で作った生理食塩水を、鼻の中に入れます。

正しいやり方だと、鼻に入れた後口から出すのですが、これが結構難しいです。

スポンサーリンク

まずは鼻うがいに慣れるためにも、鼻から入れて鼻から出す方法でやってみましょう。

片方の鼻を手で塞いで、塞いでない方の鼻に生理食塩水を入れます。

飲み込まないようにに息を止めて、鼻から出します。

これを左右の鼻の穴でそれぞれ3~5回繰り返します。

 

ちなみに、慣れてきて口から出すことができるようになった時は、生理食塩水を飲み込まないように気を付けて下さい。

飲み込んでも特に問題はありませんが、むせてしまう場合もありますから、できるだけ喉を閉めるようにして行って下さい。

 

最後に鼻をかむ

最後に鼻をかんで終了です!

鼻をかむ時は、生理食塩水が完全に鼻の中から出た状態で行って下さい。

生理食塩水がある状態で鼻をかむと、鼻を痛めてしまいます。

 

まとめ

いかがでしたか?

正しいやり方で鼻うがいを行って、鼻づまりを解消・改善してみましょうね!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ