新生児・赤ちゃんの鼻づまりをしっかり解消するには?

鼻づまりに悩んでいるのは大人だけでなく、赤ちゃんも鼻づまりに悩まされることがあります。

鼻づまりに悩む赤ちゃんにできる、副作用の無い鼻づまり解消法をご紹介します。

 

新生児や赤ちゃんが鼻づまりになるのはなぜ?

cdf9dbec8f8c1abc30a2fd770ef9a655_s

新生児や赤ちゃんは、大人よりも鼻づまりになりやすいです。

 

というのも、赤ちゃんは鼻も低く、鼻腔も小さいので鼻水がたまりやすいのです。

 

しかも、1日のほとんどを仰向けで過ごしていますから、鼻水が奥に溜まりやすくなっている上に、ほこりなどの刺激や、気温の変化に敏感ですから、鼻水が良く出るのです。

赤ちゃんの鼻は構造的に詰まりやすい状態になっているのですね。

そこで、赤ちゃんに負担をかけずにできる鼻づまり解消法をご紹介します。

 

綿棒やティッシュで鼻水を取ってあげる

誰でもできる方法ですね。

多くのお母さんがやってあげてい方法だと思います。

 

気を付けたいのが、綿棒を入れる深さです。

赤ちゃんの粘膜はとてもデリケートなので、綿棒を鼻の奥まで突っ込んでしまうと粘膜を傷付けてしまいます。

綿棒を使う際は、鼻の入り口にある鼻水を取る時にしましょう。

ティッシュでこよりを作ってくしゃみをさせてあげるのも良い方法です。

スポンサーリンク

鼻を温める・湯気にあてる

綿棒やティッシュを嫌がる場合や、風邪をひいた時などにおすすめの方法です。

お風呂に入れてあげる、お湯に浸したガーゼやタオルを鼻にあててあげるなどすると、鼻の通りが良くなります。

 

大人でも効果がある方法ですね。

鼻が温められると血行が良くなり鼻腔内が広くなります。

 

お湯の湯気やガーゼの水分で鼻水が柔らかくなるので、鼻水が固まってガビガビになってしまった時にもおすすめです。

鼻水も取り出しやすくなるので、綿棒やティッシュを使う前にやるのも効果的ですよ。

 

母乳を点鼻薬代わりに使う

 

母乳育児を行っている方におすすめなのが母乳点鼻薬です。

これは小児科医もおすすめしている方法で、市販の点鼻薬よりも安全な方法です。

母乳には抗炎症作用があり、鼻が炎症を起こしているタイプの鼻づまりも解消してくれます。

やり方も簡単です。

 

1.母乳をスポイト(未使用のお弁当の醤油入れでも代用可)に入れる。

2.赤ちゃんを仰向けに寝かせ、鼻の中に数滴母乳を垂らす。

3.鼻水が出てきたら、ティッシュで取り除いてあげる。

 

たったこれだけで、赤ちゃんの鼻づまりを解消してあげられます。

スポイトや醤油入れが無い時は、綿棒で代用ができます。

綿棒に母乳をたっぷりと含ませて、鼻の中を掃除するようにしてあげて下さい。

この時も、綿棒で鼻水を取る時同様、赤ちゃんの粘膜を傷付けない様に注意して下さい。

スポンサーリンク

普段からできる予防策

赤ちゃんの鼻づまりには予防策があります。

構造上、鼻づまりをしやすい赤ちゃんのためにも、こうした予防策を取ってあげましょう。

 

部屋を加湿してあげる

部屋を加湿してあげると鼻づまりを予防できます。

ウイルスやほこりも飛び散りにくくなるので、病気予防にもなりますよ。

大体、50~60%の湿度を保つのが理想です。

加湿器が無い時は、洗濯物や濡らしたタオルを近くに干すと同じ効果を得られます。

 

上半身を高めに寝かせる

鼻水が出やすくなるように、上半身にタオルやクッションをひいてあげましょう。

頭だけ高くすると首を圧迫してしまうので、腰から頭にかけて緩やかに高くなるよう寝かせてあげるのがコツです。

鼻づまりで寝つきが悪い時の応急処置でも使えます。

 

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんの鼻づまりはよくあることなので、慌てずに適切な処置をしてあげて下さいね。

鼻水以外にもミルクを飲まないなど、普段とは明らかに違う状態の時は、医師に相談して下さい。

赤ちゃんが快適に過ごせるように、気を付けてあげましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ