鼻づまりが原因で頭痛が・・・解消方法は?

鼻づまりがひどくなると、頭痛を引き起こす場合があります。

こうなると鼻づまりだけでなく、頭痛にも対処していかなくてはなりません。

とてもつらい状態になりますね。

今回は、鼻づまりが原因の頭痛が起きた時、どうしたらいいかをご紹介します。

どうして鼻づまりで頭痛が起きるの?

鼻づまりになると、どうしても口で呼吸をしてしまいます。

 

しかし、口は本来呼吸をするための器官ではないため、鼻よりも取り込める空気の量が少ないのです。

そのため、脳に送られる酸素が少なくなり、頭痛が起きるのです。

鼻づまりによる頭痛というのは、脳が酸欠状態になった事による危険信号という訳ですね。

スポンサーリンク

また、鼻水がたまって起きている鼻づまりの場合だと、鼻の奥に溜まった鼻水が三叉神経を刺激して丁度片頭痛の様な痛みを感じる場合もあります。

最近では、アレルギー性鼻炎で頭痛になる人も増えており、風邪かと思ったらアレルギー性鼻炎で頭痛が起きていた、というケースもあるそうです。

これらの頭痛は鼻づまりが原因ですので、頭痛薬を飲んだり、片頭痛の応急処置をしても治らない場合が多いです。

鼻づまりをしっかりケアしていけば、完治します。

 

鼻づまりによる頭痛のケア

頭痛が起きる程の鼻づまりは、症状が重い鼻づまりと言えます。

アレルギーや風邪など、症状が分かっている場合は頭痛が悪化しないようなケアをしていく必要があります。

鼻づまりで頭痛が起きている時は、以下のケアをして症状が悪化しない様に注意しましょう。

 

鼻をすすらない

a429e5cfed3efee82b861249bd9fb379_s

鼻をすすると三叉神経を刺激してしまいます。

鼻をすするクセがある人は、鼻づまりの症状自体が軽くても頭痛になってしまう場合があります。

鼻水が出ている時は鼻をすすらないで、ちゃんと鼻をかむようにしましょう。

 

鼻をかむ時も、乱暴に両方の穴でかまず、片穴ずつかみましょう。

この時にゆっくりと、小刻みにかむようにすると鼻を痛めずに頭痛を回避できます。

ゆっくりかんでも鼻水はちゃんと排出されますから、丁寧に鼻をかむようにしましょう。

鼻を強くかむのも頭痛の原因になりますから、木を付けて下さい。

スポンサーリンク

鼻に湿度を与える

蒸しタオルを作って鼻に押し当てる、マスクをするなど、鼻の周りを乾燥させない様にするのも有効な解消法です。

こうすれば、鼻の周りの水分で鼻水が排出されやすくなります。

 

鼻水がたまって神経を刺激したり、鼻の通りが悪いために口呼吸をすると頭痛が起きてしまうのですから、鼻の通りを良くするのは頭痛の回避にも有効な解消法なのです。

鼻の通りが良くなって、鼻水が良く出るようになったら、上で紹介した鼻のかみ方で鼻をかんで、鼻水を排出しましょう。

 

鼻づまりで頭痛が起きたら病院へ

蒸気の方法でも頭痛が改善しない場合や、アレルギーなど原因が分かっていない場合は、医師の診察を受けるようにしましょう。

鼻づまりの症状に隠れて、骨や脳に異常が出ている場合があります。

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が悪化して、脳へ影響が出ている場合などはすぐに入院する必要があるので、少しでも異常を感じたら、医師の診察を受けるようにして下さい。

鼻づまりによる頭痛は、診察を受けるかどうかの判断材料の一つだと思って下さい。

耳鼻咽喉科なら、鼻づまりの頭痛に有効な治療や投薬も行っています。

あまりにもつらいようならすぐに医師の診察を受けて下さいね。

 

まとめ

アレルギーや風邪など、原因が分かっている鼻づまりの場合は、鼻をかむ時に注意をしましょう。

鼻をすする習慣がついていたり、乱暴に鼻をかんでいたりすると、頭痛が起きてしまいます。

鼻づまりがひどい時は鼻をすすらず、丁寧に鼻をかむようにしましょう。

鼻づまりやづ通の原因が分からない時や、普段している対処が通用しない時は、お医者さんの診察を受けて下さいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ