鼻づまりを解消するツボを紹介!

つら~い鼻づまり…なんとか解消したいですよね?

色々な解消法がある中、今回は東洋の不思議 ”ツボ” に焦点を当ててみます。

鼻づまりを解消してくれる ”ツボ” をご紹介していきます。

 

鼻づまりに効くツボはここだ!顔・首編

 

1・晴明 (せいめい)

目と目の間の鼻の骨の両脇をつまむように押あて、ゆっくりと押し上げるように刺激します。

疲れ目の時に思わず摘まんでしまうところ…と思っていただければわかりやすいと思います。

このツボは、疲れ目・目のかゆみ・目の周辺の腫れやむくみにも効果があります。

スポンサーリンク

2・鼻通 (びつう)

まさに鼻づまりに効きそうなネーミングですね!

その名の通り、鼻の通りを良くしてくれるツボです。

小鼻の少し上あたりにあります。

少し強めに押すと良いようです。

 

3・迎香 (げいこう)

小鼻のすぐ横にあるツボです。

下に向かって押し込むように刺激します。

人差し指と中指で鼻を挟み込んで、下に向かって押し込むようにすると刺激しやすいと思います。

 

tubo

 

4・大椎 (だいつい)

首の後ろ側で、下を向くとポコッと大きく飛び出る骨があります。

その骨の真下にあるツボです。

このツボは、鼻づまりだけでなく、頭痛・肩こり・風邪の症状・発熱にも効果があります。

アレルギーにも効果のあるツボなので、花粉症や、アレルギーによる鼻づまりに効果が期待できそうです。

 

kubitubo

 

鼻つまりに効くツボはここだ! 手足編

 

1・合谷 (ごうこく)

手の甲側にある親指と人差し指の間にあるツボです。

万能のツボとも言われ、鼻づまりの他、風邪・頭痛・肩こり・歯痛・生理痛・便秘・下痢・アトピー・花粉症・いびき・などの諸症状に効果があるといわれています。

体の不調だけでなく、精神不安定・入眠困難・物忘れなどの精神的な症状も和らげてくれるそうです。

tetubo

 

2・孔最 (こうさい)

肘の中心から、親指を除く4本の指を並べた所にあるツボです。

このツボは、呼吸器系の症状にも効果があり、咳や喉の違和感、イライラ解消にも効果があるようです。

kousai

3・厲兌 (れいだ)

足の人差し指の小指側のきわにあるツボです。

爪のきわの角あたりにあるので、見つけづらいかもしれませんが、押すと少し痛みがあるのでわかると思います。

このツボは、二日酔いや胃腸の不調にも効果があるそうです。

asi-mikage

 

ツボの押し方

 

ツボを押す前に、ツボの周辺と手を綺麗に洗いましょう!

手や顔に花粉が付着していることがあります。

特に顔にあるツボを押す時に、花粉が付着したままだと、花粉が粘膜を刺激してしまい、良くなるどころか悪化してしまう可能性があります。

必ず清潔にしてから行いましょう。

スポンサーリンク

手をしっかりと温めてから行うのがベストです!

温めることで、ツボの周りの血行もよくなります。

 

ツボを押す時は、ゆっくり3秒押して、3秒放す…を何度か繰り返します。

痛みが緩んでくるまで何度か繰り返すと効果があります。

痛みが緩む=解消されるという事なのだろうと思います。

 

ツボは押すだけでなく、その周辺をドライヤーや蒸しタオルなどで温めたり、マッサージしても効果が期待できますよ。

 

まとめ

 

簡単に押せる、鼻づまりを解消するツボをご紹介しましたが、ツボによっては他の効果も期待できるものもありました。

 

その効果も視野に入れてツボを押すことで、相乗効果も得られそうですね!

 

鼻づまりの原因が風邪や花粉症の場合は、晴明 (せいめい) 合谷 (ごうこく) 大椎 (だいつい) を中心に刺激したり、鼻づまりで、イライラしたり、眠れない…という時には、合谷 (ごうこく) 孔最 (こうさい) を中心に刺激すると、鼻づまりだけでなく、原因や二次的な症状も抑えてくれることになります。

 

鼻づまりを解消してくれるツボを覚えて、辛い鼻づまりとおさらばしましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ