鼻づまり解消は体操で出来る!?

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s

鼻づまりがつらい時、薬や食べ物を活用できればいいのですが、

どうしても頼れない時がありますね。

 

そんな時には、鼻づまりを解消できる体操をするといいですよ!

鼻づまりを解消できる体操は複数あるので、

自分の状況や症状に合った体操を選んでみて下さいね!

 

鼻づまり解消体操

鼻づまり解消体操は、上半身の交感神経を刺激する事で、

鼻づまりを解消する体操です。

 

即効性があり、何と体操をしてから5秒で鼻づまりを解消できるのです!

簡単にできる上、体への負担も少ないので、

花粉症やアレルギー性鼻炎で鼻づまりが起きている時におすすめの方法です!

 

後ろで手を組む体操

鼻づまり解消体操は、このようにやります。

1,肩幅の大きさに足を開き、後ろ手に手を組みます。

2,1の状態のまま、脇を閉めてお辞儀をします。

腕は上に向かってあげるように意識しましょう。

3,息を吐きながら首だけ上を向きましょう。

そのまま5秒キープし、息を吸いながらもとに戻ります。

この方法で、鼻づまりを5秒で解消できるようになるそうです。

スポンサーリンク

座りながらやる場合

上の体操を、座りながらやる方法もあります。

1、椅子に軽く腰掛け、後ろ手に手を組みます。

2,胸を開くイメージで、手を組んだまま後ろに伸ばします。

3,首も同じように、上に向けていきます。

この方法なら、椅子に座ったままでも上の体操と同じ効果を得ることができます。

仕事中のエクササイズ代わりに行うことができますね!

 

この他の鼻づまり解消体操

上で紹介した方法よりは、即効性は下がりますが、

身体を動かさないで行う方法もあります。

息を数秒止める事により、

脳が息をするように指令を出すメカニズムを使った解消体操です。

スポンサーリンク

息を止めるタイプの解消体操のやり方

やり方はとても簡単です。

1,口で大きく息を吸い込んだ後、

お腹をへこませて息をすべて吐き出す。

2,鼻をつまんで息を止める。

限界まで我慢して、首を上下に振る。

3,呼吸する。

これを繰り返すと、

能が呼吸をするよう鼻腔に指示を出します。

そうすると鼻腔が広がるので、

鼻づまりを解消できるという訳です。

花粉症の時にこれを何度も繰り返すのは、

呼吸がしにくいのでお勧めできませんが、

風邪で鼻が詰まっている時におすすめですよ!

 

まとめ

いかがでしたか?

薬や食べ物に頼れない時は、

こうした体操を活用して下さいね!

習慣として身に着けておくと、

鼻づまりによる不快感も軽減できます。

鼻づまりの解消体操を習慣的に行い、

不快感から解放されましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ