鼻づまりの解消法!風邪の時でも簡単に出来る解消方法とは?

鼻風邪…という言葉があるくらい、風邪と鼻づまりは切っても切り離せないですよね。

熱もあって、鼻づまり…という時は、頭もボーッとしてしまいますし、頭痛を伴うこともあります。

辛~い風邪の時の鼻づまり解消法をピックアップしてみましょう。

kaze2

 

まずは風邪を早く治すことが大事!

 

風邪を引いたら、まず風邪薬!と思う方は多いと思いますが、実は風邪薬で風邪は治らないのです。

薬は風邪の諸症状を抑えるものなのです。

 

風邪には、細菌性とウイルス性の2種類あって、私たちが日常引く風邪の90%がウイルス性で起こるのだそうです。

スポンサーリンク

病院などで、抗生物質を処方される場合もありますが、抗生物質は細菌感染による風邪には効果があるようですが、ウイルス性の風邪には効果がないのだそうです。

 

風邪を治すには免疫力をUPさせ、症状を抑えることが大事なようです。

ここでは、特に風邪が原因の鼻づまり解消に効果的な方法を幾つかご紹介いたします。

 

蒸しタオルで解消!

 

濡らして絞ったタオルを、レンジで30~60秒温めます。

(タオルの大きさにより温める時間を調整してください)

温めた直後は熱いので、火傷しないように注意しましょう。

ちょっと熱いかな?くらいの温度になったら、鼻を覆うようにかぶせて、タオルがさめるまで蒸すと、鼻の周りの血流がよくなり、鼻が通るようになります。

 

また、頭を下げたときに首の後ろにポコッと飛び出る骨があります。

その骨の真下に、鼻づまりと風邪の症状に効く大椎 (だいつい) というツボがあります。

そこを蒸しタオルで温めてあげると、ツボが刺激され鼻づまりだけでなく、鼻づまりによる頭痛も和らげてくれますよ♪

musi

 

葛根湯で解消!

いわずと知れた葛根湯ですが、鼻づまりに効果的な飲み方があるんですよ。

暖かい葛根湯を飲む際に、大きめのマグカップに注ぎ湯気を吸引しながら飲むのです。

常に湯気が、顔に当たるように飲むことで、温まり鼻のつまりが解消されます。

 

湯気で温めることで、鼻の通りがすぐによくなりますし、葛根湯は風邪の諸症状に効果があるので、ダブル効果が期待できますね!

葛根湯がない場合は、温かいスープを同じように飲んだり暖かい汁物の食べ物をとることで、鼻づまり解消の効果があります。

supu

 

鼻うがいをする

 

ちょっと抵抗がある人もいると思うのですが、鼻うがいは鼻づまりにとても効果的です。

ドラッグストアなどで、鼻うがい用品も売っていますので、あまりに辛い時には利用してはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

自宅で行う場合は、沸騰させてカルキを抜いたぬるま湯250㏄に対して2gの塩を溶かして行っても効果的です。

鼻うがいを行う時は、飲みこまないように喉を絞め、必ず口を開けたまま前かがみになって、片方づつ行ってください。

鼻うがいした後、優しく鼻をかみましょう。

 

体を高くして寝る

発熱を伴う風邪の時などは、ずっと寝ていることが多くなりますよね…

鼻がつまっていると、横になるのも辛くなります。

そんな時は、上体を少し高くして横になりましょう。

枕を重ねたり、毛布や布団などをつかって、頭だけでなく、状態全体が少し高くなるように調整してください。

 

また、鼻づまりの時は、眠ってしまうと、知らずに口呼吸になってしまう事が多いので、マスクを着用して寝たり、部屋を十分に加湿しておくとさらに効果的です。

 

まとめ

風邪の時は咳が出たり、発熱したり、体がだるかったり…それだけでも辛いのに、鼻までつまると体力的にものすごい負担がかかり辛いものです。

風邪による鼻つまりを早く解消するには、まず風邪を治すことです。

体を温め、十分な栄養を取り、適切な薬で諸症状を抑え、ゆっくり休んで体力と免疫力を上げることを心がけつつ、辛い鼻づまりに効果的な方法を取り入れていただきたいと思います。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ